極選Blog

極選で取り上げた商品、気まぐれ菜園と話題に一言の徒然日記

ドクターイエロー引退


f:id:gokusenblog:20240613232743j:image

家庭菜園 プランター栽培

気まぐれ菜園ピーマン75日目です。


f:id:gokusenblog:20240613133635j:image
f:id:gokusenblog:20240613133645j:image
f:id:gokusenblog:20240613133653j:image

今日も一日お疲れさまでした。

 

 

話し変わって、JR東海とJR西日本が山陽新幹線の点検用車両「ドクターイエロー」の運行を終了すると発表しました。

 

あちゃー(>д<*)

 

車両の老朽化が運行終了の理由のようです。

 

 

なかなか可愛いじゃないですか(*゚∀゚)=3

 

調べてみました。

ドクターイエローは、東海道新幹線・山陽新幹線区間において使われる点検用新幹線車両の愛称。

 

車体が黄色い(イエロー)ことから、こう呼ばれる。

 

事業用車であるが、乗客を運ぶ営業用新幹線車両と同じ条件で走行しながら線路の歪み具合や架線の状態、信号電流の状況などを検測し、新幹線の軌道や電気・信号設備の状態を確認する。

 

かつては東北新幹線や上越新幹線、長野新幹線(現・北陸新幹線)でも使われていたが、これらは「East i」に置き換えられた。

※ウィキペディアより

 

時速270キロ以上で線路の歪み、架線・信号電流の状況を検測できるお医者さんってか。

 

 

スーパードクターやないかいΣヽ(゚∀゚;)

 

こりゃ、大門未知子もDr.コトーも財前教授も太刀打ちできませんね。

 

もう少し掘ってみました。

 

〇車体が黄色い理由は?

元々、線路の点検や工事をする車両は、暗い夜に作業する時にも目立つよう車体に黄色が使われていることが多いです。

 

新幹線の線路などを点検する保守作業車もやはり黄色が使われ、それがドクターイエローにも受け継がれました。

 

また、ドクターイエローはお客さんを乗せる新幹線ではないので、駅にとまっているときにお客さんが間違って乗らないために目立つ色にしています。

 

〇現在のドクターイエローは何代目?

今走っているのは3代目で2001年に登場しています。

 

700系をベースに最新の検査設備を持った特別な新幹線で、車両のフロント部に監視カメラを設置できる窓があります。

 

2001年に登場したのはT4編成(JR東海所有)で、2005年には同タイプのT5編成(JR西日本所有)が登場。

 

ドクターイエローは東海と西日本の各1編成で計2編成が存在します。

 

へぇー(ーωー)

 

次っ!

 

〇正式名称は「新幹線電気軌道総合試験車」

 

〇1ヵ月に3回主要駅停車の「のぞみダイヤ」タイプと、2ヵ月に1回各駅停車の「こだまダイヤ」タイプの二種類で走行している事が多い。

 

〇車両は通常の新幹線より短い7両編成のため、写真を撮る際はホーム先頭から中ほどで待っていたほうがよい。

 

〇ドクターイエローは「幸せを運ぶ黄色の新幹線」と呼ばれていて、見かけるとハッピーになれるといううわさも。

※いろいろ参照

 

私も一回だけドクターイエローを見たことがあります。

 

ちょっと博多まで2日目 - 極選Blog

向かいのホームの新幹線のさらに後ろ…。

 

なんか黄色くない??

f:id:gokusenblog:20220806195747j:image

 

ドクターイエローやん!Σ( ̄□ ̄;)

※極選ブログより2022年8月6日投稿の一部抜粋

 

幸せだなぁ(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

 

 

話しを戻して、

 

JR東海は2025年1月に、JR西日本は2027年以降を目途にドクターイエローの運行を終了するということです。

 

2027年以降の検査は通常の新幹線車両に検査機器を取り付け、営業運転しながら検査する方法に切り替えていくととのこと。

 

あ~、幸せがまた一つ消えていく~(ToT)

 

 

JR東海はドクターイエローの引退までに、車両基地での撮影会や乗車イベント、記念グッズの販売などを行う予定ですって…

 

出番ですよ!

 

転売ヤー!!ヽ(♯`Д´)ノコリャーッ